ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康福祉部 > 健康づくり課 > 9月10日~16日は自殺予防週間です ~みんなで守ろう 大切ないのち~

本文

9月10日~16日は自殺予防週間です ~みんなで守ろう 大切ないのち~

ページID:0003145 更新日:2023年9月11日更新 印刷ページ表示

自殺予防週間とは?

「自殺予防週間」とは、自殺について誤解や偏見を無くし、正しい知識の普及啓発をする期間です。特に、夏休みなどの長期休暇明けは、全国的に若者の自殺が増加する傾向があるため、今年は8月下旬から相談窓口の周知やポスター掲示等の啓発活動を強化しています。

 「誰も自殺に追い込まれることのない社会」の実現に向けて、私たち一人一人ができることから始めてみませんか。

不安や悩みは、ひとりで抱えず、相談しましょう

 人に話し、言葉にすることで「カタルシス(荷下ろし効果)」が得られると言われています。
誰にも打ち明けられずに一人で背負っていた荷物をいったん下ろして一休みすることで、また歩き出す力と勇気が出てきます。
 まずは、ひとりで悩まず、ご相談ください。

 電話や面談、SNS(LINE、チャット、ツイッターなど)を利用して相談できる窓口があります。
 市ホームページ「悩んだ時の相談窓口」で各種相談窓口を紹介していますのでご覧ください。

みんなで取り組もう!大切ないのちを守る「ゲートキーパー」

 ゲートキーパーとは、悩んでいる人に気づき、声をかけ、話をきいて、必要な支援につなげ、見守ることができる人のことです。特別な資格はいりません。誰でも「ゲートキーパー」になることができます。周りに悩んでいる人がいたら、やさしく声をかけてあげてください。

 「ゲートキーパー」について、詳しくは下記の市ホームページをご覧ください。

 

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすかったですか?
この情報をすぐに見つけられましたか?