ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 消費生活センター > 消費生活相談のご案内

本文

消費生活相談のご案内

ページID:0002243 更新日:2024年2月2日更新 印刷ページ表示

 都合により、以下の日程は相談員が不在になります。千葉県消費者センター又は国民生活センターにご相談ください。

  • 2月2日(金) 
  • 2月9日(金)
  • 2月16日(金)
  • 2月26日(月)

消費生活相談とは

 商品・サービスにおけるトラブルの相談に応じます。トラブルにあったご本人から状況を伺い、問題点を整理し、事業者との交渉の方法や具体的な対策などについて助言します。また、必要に応じて中立的な立場で解決のため、事業者との交渉のお手伝い(あっせん)をします。

八千代市消費生活センター 
相談専用電話 : 047-485-0559

  • 相談時間(電話・来庁) 平日 午前9時~正午・午後1時~4時
    ※ メールやFAXでの相談はお受けしていません。
  • 場所 大和田新田312番地の5 八千代市役所 多目的棟

相談にあたっての留意点

  • 相談できるのは市内在住の方です。
  • 原則として契約された(トラブルにあった)ご本人からご相談ください。
  • 当センターは、消費生活(消費者と事業者との契約トラブル等)に関する相談窓口です。
    個人間のトラブル、労働問題、相続や家族関係のトラブル、交通事故、相隣関係等の相談はお受けできません。
    ※事業者の方は、事業者向けの相談窓口をご利用ください。
  • 事業者を指導したり、弁護士のように代理人として交渉することはできません。
  • 個々の事業者(企業・店舗)の信用性や商品・サービスの評価に関することはお答えできません。
  • 相談対応は、相談を受けた相談員が担当となって実施しますので、途中で担当者の交代はできません。

 マスクの着用について(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

アクセス
アクセス 八千代中央駅徒歩10分 大和田駅から徒歩20分

個人情報について

 相談受付時には、氏名、住所、電話番号、年齢、職業などの個人情報をお聞きします。個人情報をお聞きする理由は次のとおりです。

  1. 相談業務を円滑に行うために
     事業者に契約内容を確認するなど、円滑な相談処理を実施するため、個人情報をお聞きしています。
  2. 相談者・相談内容を信用するため
     相談者の方が実在し、そのトラブルが存在することを確認するため、個人情報をお聞きしています。
  3. 追加で情報をお伝えすることがあるため
     相談対応を円滑に進めていく中で、追加情報をお伝えすることが生じた際、お電話をおかけすることがあるため、個人情報をお聞きしています。
  4. 相談を、今後の消費者トラブルの救済や未然防止に役立てるため
     取得した個人情報のうち、氏名、住所、電話番号等の特定の個人を識別できる情報を除き、統計データとして国民生活センターの全国消費生活情報ネットワークシステム(PIO-NET)に登録・蓄積し、被害の未然防止、および今後の相談処理のために活用させていただいております。

 ※個人情報をお伝えいただけない場合、お答えできることは限定的となります。また、あっせんを行うことはできませんのでご了承ください。

センターの相談時間外(電話が繋がらない場合や、土日・祝日、センターの昼休み等)は、次の各センターでも受け付けています。

千葉県消費者センター<外部リンク> 
相談専用電話 : 047-434-0999

 祝日・年末年始を除く、下記時間に相談を受け付けます。

  • 月曜日~金曜日 午前9時~午後4時30分
  • 土曜日 午前9時~午後4時

国民生活センター<外部リンク>

  • お昼の消費生活相談  電話:03-3446-0999

   月曜日~金曜日 午前11時~午後1時(祝日・年末年始を除く) 

  • 平日バックアップ相談  電話03-3446-1623

   月曜日~金曜日 午前10時~正午、午後1時~4時(祝日・年末年始を除く) 

  • 休日相談  電話:消費者ホットライン 188

   土曜日・日曜日・祝日 午前10時~午後4時(年末年始を除く) 

​​ 次バナーをクリックすると​国民生活センターが報道発表した情報や公表した資料をご覧いただけます。​

国民生活センターHPより<外部リンク> 

今、注目すべき消費者問題のテーマをピックアップし、記事をひとまとめにしました。必要に応じてテーマは入れ替えています。

 

国民生活センターHPより<外部リンク>

消費者トラブルにあわれた方が、時間や場所を問わず、自己解決を支援するためのツールです。​

 

国民生活センターHPより<外部リンク>

若者向け注意喚起シリーズ。特に成年になったばかりの18歳・19歳も巻き込まれるおそれがありますので注意が必要です。

 

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすかったですか?
この情報をすぐに見つけられましたか?